Fly With The Wind

アメリカン航空2ミリオンマイラーが適当にポストする気まぐれブログ。

RAC04 2001/03/20-22 JEEP GRAND CHEROKEE (DOLLAR) SanFrancisco

レンタカーNO 04
メーカー JEEP (CHRYSLERグループ)
車種 GRAND CHEROKEE LAREDO
レンタカー会社 DOLLAR (ダラー)
レンタル期間 2001/03/20~02/22 (2日間) 事情により2/21午後に返却
ピックアップ場所 サンフランシスコ国際空港 (SFO)
リターン場所 サンフランシスコ国際空港 (SFO)
走行距離 132マイル(212.43km)
予約 ダラー日本代理店
ベース料金 [FullSize2Dr $45/Day×2DAY=$90.00]
(LDW込み,走行距離無制限,現地払リーテルレート-早割り-)
オプショナル・税 [SLI 2Days $25.98][FFP(マイレージ加算料金) $0.50]
[VLF $0.92][SFO AirportTransFee $6.10][StateTAX $7.73]
総計 131.23ドル


予約はフルサイズなのに・・・またまた。

予約はダラーで、フルサイズ2ドアを2日間。
通常ならダッジのイントレピッドなはず。

サンフランシスコ空港レンタカーセンターのダラーカウンターでのやりとり、

「今チェロキーがおすすめでアップグレードしないか(もちろん有料)」

と係りのおばちゃんが言うが、そう言う誘いには大体乗らない。

ファーストフードで「ポテトもいかかですか」というあれと同じであり、大抵は言われる決り文句のようなもの。
そもそも2日でチェロキーなんて借りてもしょうがない。
ので、いくらかも聞かずに、ノーサンキュー、で断る。

おばちゃんが渋々端末をいじると、なんと「フルサイズカーが無い」と言い出す。
こんなメインな空港の営業所で、そんなことあるのか、と思ったが、(しかも予約してんのに・・)
そのおばちゃんは何を思ったか、またも「チェロキーはどう?」と聞いてくる。

だが、値段を聞くとSameRateだという。
一瞬悩んだが、「(イントレピッドに比べて)TooBigだ」と私が言うと、おばちゃんはグランドチェロキーの仕様書まで取り出して「(イントレピッドと比べても)全然bigではないよ。とてもいい車だよ、どうして借りないの?」と熱心に言うので、じゃあわかった、借りますと。

ということで、またもタダアップグレードで今度はSUVのグランドチェロキーになってしまいました。


GRAND CHEROKEE LAREDO


リア

アメリカを代表するSUVのジープグランドチェロキー、モデルチェンジ直後だったので、少し丸みを帯びたデザインでなかなかカッコイイ。
グレードはラレードと言う一番下だが実用的なクラス。そのため内装は豪華ではない。

このときはサンフランシスコ市内と郊外の往復程度にしか使わなかったので、本当に勿体無い。
ヨセミテとか国立公園めぐりには非常に役に立ちそうだ。
おかげで、ミッションとは別に4WD関係の切り替えれレバーがあるのだが全く使うことなく、返却してしまった。


エンジンルーム


運転席

4リッター超のパワフルエンジン、サスはアメリカ風の少し柔らかめ。
始めはなれていなかったのでハイウエイのカーブとかで流されるというかモーメントに翻弄されたが、慣れてくると非常に運転しやすく快適な車であることが良くわかった。

慣れるとフラフラすることがなくなってくるので、スピードを相当出してもしっかり安定している。
車高が高いので、視界も広いし、足も疲れない。

個人的にはCDが搭載されていないのがちょっと痛いが、他の最近のアメリカセダンと違って、ダッシュボードの上にちゃんと物を置けるようになっていて、これが非常に便利、CDプレーヤー置いたりちょっとした物を置いておける。


かなり適当なパネル

これで、オートエアコンと、サンルーフ、CDプレーヤがあったら文句無いんだけどなあ。

装備はレンタカーだけあってシンプルだが、長距離ドライブには向いている車だと思う。
結局1日半しか使わなかったのだが、長距離を走るようなことがあったら、是非候補に入れたい車。

真面目に借りたら高いけど。