Fly With The Wind

アメリカン航空2ミリオンマイラーが適当にポストする気まぐれブログ。

RAC16 2002/07/20-26 FORD MUSTANG (HERTZ) SanAntonio

レンタカーNO 16
メーカー FORD
車種 MUSTANG
レンタカー会社 HERTZ
レンタル期間 2002/07/20~26 (7日間)
ピックアップ場所 サンアントニオ国際空港 (SAT)
リターン場所 サンアントニオ国際空港 (SAT)
走行距離 300マイル程度(約480km)
予約 HERTZ USA WEB
ベース料金 [Standard $179.99/week]
(走行距離無制限)
オプショナル・税 [LDW 7Days $146.93][LIS7days $61.81][PAIPEC7Days $38.5]
その他は領収書提出のため不明
総計 約$450

やっとマスタング

テキサス州南の大都市、サンアントニオ、日本ではあまり知られていない都市だが、全米では8番目の大都市で100万以上の人が暮らして居る。
アメリカ人が一生に一度は訪れたいと思っている観光都市のひとつらしい。

のんびり過ごしたいならサンアントニオはいいところ。車があると尚便利。

テキサスはイメージとして荒野というのが日本人にはあるような気がするが、実はテキサスの東半分は緑豊かなのどかな風景が広がっていて、なかなかいい感じである。

空港はそれほど大きくないが、ハーツのシャトルバスは走っており、それにのってハーツの事務所まで向かう。
サービスはゴールドなので、名前の掲示板に向かうが、私の名前が無い。

仕方なくカウンターまで行って、手続き。向こうのミスだったようで、車を持ってきてくれるという。

そしてやってきたのが、この真っ赤なマスタング。


ミッションSanJoseにて


オッサンカーっぽいマスク



特徴的なテールランプ


サイドグリルに見えるが>
イミテーション(笑)ふさがってる


まあ、日本でも良く走っているのを見かけるので、珍しくも無いが、やはりこの車でアメリカのフリーウエーを走るのは爽快。
乗った感じは、スポーツカーチックと言うよりも「ふつうの乗用車的」

というのも座席がいわゆるスポーツカーほど低くなく、エンジンのほうも最高クラスのV8 4.8リッターでなかったためか、加速感も4ドアの乗用車的に感じたためである。

こてこてのスポーツカーを期待して乗ると期待はずれになるが、乗員が2名であれば、大変快適で、走りの満足感もそれなりにあるので、おすすめとおもう。

スポーティークーペであるから、写真でもわかるように運転席から先端までの距離が結構ある。
そのため、取り回しは通常の乗用車と比べると違っていて楽しめる。
その辺りの不便さは無い。

こちらもフロントグリルに見えるが
このクラスはイミテーション(笑)ふさがってる


マスタングのシンボル



走馬!


V6 3.8リッター



ちょっと変わった
ダッシュポートデザイン


ハンドルにも馬



CD・テープデッキ


変わったデザイン


内装もスポーツカーっぽくていい。

だが、ひとつだけマスタングで注意することは、「トランクサイズが異常に小さい」ことである。

ホテルのバレーパーキングの係員のオヤジにも荷物入れるときに
「マスタングはトランク小さいから大変だよな」
とか言って苦笑していた。

このときは2名だったが、たしかにトランクはイッパイイッパイだった。
間違っても3人以上の旅行時にこの車を借りないことだ。


フロントシート


リアシート


収納以外は、装備も充実していて、なかなか楽しい車。

機外があったらまた借りたいと思った。


それにしてもテキサスはいいところ。特にサンアントニオはいい。

それが講じてか、実はこの約2ヵ月後また来てしまうのである・・・・・・この日本の裏側に


ガススタにて