Fly With The Wind

アメリカン航空2ミリオンマイラーが適当にポストする気まぐれブログ。

[NY紀行]12/31 カウントダウン

●JFK到着

あまりに快適なファーストクラスでの12時間半があっというまに過ぎ、

やって参りましたニューヨーク。

今回は車を借りないので、到着ロビーの交通案内カウンターで、

スーパーシャトル(乗合バン)を予約してもらい、ホテルへ直行しました。

チップ込みで20ドル。

JFKは巧妙な白タク被害が頻発しているので気をつけましょう。

乗客を降ろしていく都合で、

クイーンズボローブリッジを渡ってマンハッタンに入り、

お昼過ぎにホテルへ到着しました。

●ホテル

ホテルはThirtyThirtyというエコノミーホテル、

住所が 30West30thSt.だからこの名前のようです。

四畳半にぐらいの非常に狭いシングルルームで、この日込み込み198ドルT_T。

この日はおそらく年間でホテルが一番高い日で、普段の三倍~五倍します。

ただでさえ高いマンハッタンのホテルですから、タイムズスクエアのミドルクラスのホテルなど、一泊最低500ドル以上。

それでも満室なのはやっぱり、世界的に有名な「カウントダウン(以下CD)」のせいでしょう。

●カウントダウン

テレビでおなじみのタイムズスクエアのCD。

これにいい位置で参加するには、16時前にタイムズスクエアに行き、

CDの時刻まで寒い中トイレにも行けず、場合によっては座れもせず約8時間ひたすら、

待ち続けることが必要になります。

私もホテルで一服後、15時に行きました。

24ドルの一週間バス、地下鉄乗り放題のメトロカードを買い、

地下鉄N線の34st駅から49st駅で降りでタイムズスクエアへ。

現地では、すでに交通の封鎖が始まりつつあり、

イベントの準備も着々と進められていました。

12月31日01
CDの準備をする人たち


12月31日02
タイムズスクエア南側


もうすでに、42丁目~44丁目あたりは人人人・・・・・・

ただ通行しようとしただけなのに、完全に動けなくなってしまい、

なんとか脱出し、、、

そして、なんと大雪が降り始めてきてしまったのです。

到着日ですし明日以降もあります、いくらなんでもこれは待てない考え、

残念ですが、断念してホテルへ、

CDに参加するには相当の気合、気力が必要です。

12月31日03
降りしきる雪

雪は午後6時頃まで降り続きました。

その後止んだようですが、まあ暖かいホテルでテレビをみるのもなかなかいいものです。

●夕食

12月31日04>
ソルロンタン

夕食は歩いて32stの「ガムミーオク」で名物 ソルロンタン(雪濃湯) を食べました。

牛骨スープにそうめんとご飯、肉の入ったスープで塩やネギを入れて味を調整して食べます。

キムチとカクテギも山のように出てきます。これがおいしい、そしてやすい。7ドル程度。

この店はいずれ紹介します。

●ホテルで迎える新年

その後またホテルに戻り、仮眠して起きたら11時、、

テレビをつけたらCDの特集番組が始まっていました。

テレビで見ていると、たった10ブロック先の光景も何か現実離れした物に見えてくるから不思議。

12月31日05
派手なリンゴ

12月31日06
さっき私が歩いていた場所・・・

人人人人・・・

12月31日07
NY市長ブルームバーグさんと仲間たちw

真ん中の丸いのはリンゴを落とすスイッチです。

12月31日08
2006年になった瞬間

ホテルのあちこちの部屋から叫び声が聞こえましたw

というわけで、ニューヨークのボロホテルでゴロゴロしながら正月を迎えました。

あけましておめでとうございます。

■次■→[NY紀行]1/1 美術館めぐりなど

■前■←[NY紀行]12/31 JL006魅惑の機内食編