Fly With The Wind

アメリカン航空2ミリオンマイラーが適当にポストする気まぐれブログ。

[NY紀行]1/1 美術館めぐりなど

●ホテル移動

朝はダラダラ過ごして10時頃、ホテルを移動するために出発。

荷物があるので、MadisonAveと30thStの交差点でタクシーを拾い、

8Aveと51thStにあるHamptonInnManhattanTimesSquareNorthへ移動。

チップ込みで8ドル。ほんとにタクシーは便利。

まだ午前10時過ぎと言うこともあって、チェックインするには微妙な時間なので、

ベルのオジさんに荷物を預けて、ホテルを後にしました。

●元日のタイムズスクエア

ホテルからは歩いて5分とかからないので、

まずは、祭りの後のタイムズスクエアに行ってみました。

1月1日01
CD片付け作業

タイムズスクエアには約1トン(2000ポンド)の紙吹雪が降るらしいのですが、

みてわかるとおり、すっかり片付けられてしまっていて、驚きです。

1月1日02
リンゴが落ちるポールと2006サイン

1月1日03
名残・・・

でも、タイムズスクエアからちょっと離れたところにはまだ名残がありました。

●ロックフェラーセンター

そのまま考えなしにぶらぶら歩いていたらロックフェラーセンターに着きました。

1月1日04
クリスマスツリー

有名なクリスマスツリーです。1月上旬までは、クリスマスの飾り付けがそのままな場所が多いです。

ですから、正月でもクリスマスのあの雰囲気が楽しめます。

1月1日05
スケートリンク

こちらも映画などで大変有名なスケートリンクです。

●ディーンアンドデルーカ(朝食)

ロックフェラーセンターの中にあるデリ、

「ディーンアンドデルーカ」で少し遅めの朝食にしました。

1月1日06
DEAN AND DELUCA

1月1日07
サーモンのキッシュ($4.75)とハウスブレンド($1.65)

1月1日08
クラッシックロブスタービスク($5.50)

キッシュは具だくさんスープも味わい深く大変結構な味でした。

●TOP OF THE ROCK

現在、ロックフェラーセンターといえば、

昨年(2005)11月に20年ぶりに復活したGEビルの展望台

TOP OF THE ROCKが、ホットスポットです。

いつも上っているエンパイヤーステートビルからは、

あまり見えないセントラルパークが一望できたり、

当然エンパイヤーステートビルを望むことができます。

というわけで上って参りました。($15.17税込)

午前中ということでほとんど並ばずすんなり最上階へ。

エレベーターにちょっとした仕掛けがあって、楽しいですよ。

(行ってのお楽しみ)

1月1日09
セントラルパークを一望できます

1月1日10
エンパイヤーステートビルも真正面

1月1日11
最上階

展望台は3階建てになっています。

特に最上階はほとんど遮蔽物がないのでエンパイヤーステートビルにはない魅力があります。

1月1日12
展望台

最上階以外は分厚いガラス?アクリル?の板が落下防止のために据え付けられていますが、

柵とかではないので写真を撮ったり眺めたりする分には何の問題もないです。

全体的によく配慮されていると思います。

ちなみにこの時は無風で、少し肌寒い程度の気温で拍子抜けしました。

●MOMA ニューヨーク現代美術館

ロックフェラーセンターから数ブロック北上するとMOMAにつきます。

とにかくここはエキサイティング!、絶対訪れたい美術館の一つです。

この建物は改築されて数年しかたってないので非常にきれいなのと、

絵を飾るにふさわしい天井の高さを持ち合わせています。

1月1日13
MOMA

まだ午前中だったので、並ばず入ることができました。

ここでは通常の券を買わずにNewYorkCityPassを購入しました。(後述)

とりあえず、エスカレータで5階(近代美術19~20世紀)に行くことをお勧めします。

そのあと6階の企画展に興味があればそっちに行き、

なければ1階づつ降りてゆくのがよいと思います。

この美術館はフラッシュなしの私的利用写真ならokです。

5階にはピカソ、セザンヌ、ゴッホ、カンディンスキー、マネ、モネ、シャガールといった

誰でもよく知っている巨匠の絵画が飾られています。

1月1日14
ゴッホ 星月夜

有名だからというのを置いておいてもこの絵の迫力は相当の物です。

10センチぐらいまで寄ってみたりもましたが、絵の具を一発で決めてっているのがよくわかります。

実物を見ないとわからない絵のすごさがこの絵でまず思い知らされました。

10分ぐらい眺めていました。

1月1日15
ピカソ アヴィニヨンの娘たち

これまた有名な絵ですが、眺めれば眺めるほど難しい絵です。

ちなみに、この部屋はピカソの作品を集めた部屋になります。

携帯電話みたいなものをしている人がいますが、これはオーディオツアーです。

1月1日16
カンディンスキー

カンディンスキーは好きな画家の一人です。感動~

1月1日17
モネ 睡蓮

ここにはベンチがあって、ゆっくり眺めることができます。

1月1日18
ホットチョコレート($6.00)

5階にはカフェがありそこで少し休憩しました。

5階は盛りだくさんで、ざっとみるだけで最低1時間はかかります。

そして、このホットチョコレートのうまいこと、

付け合わせにチョコチーズケーキが付いているところもにくいです。

1月1日19
ジャコメッティ

4階に降りてきました。

好きな彫刻家ジャコメッティの作品があってこれまた感動。

1月1日20
アンディ・ウォフォール ゴールデンマリリンモンロー

アメリカを代表する芸術家アンディ・ウォフォールの代表作。

写真でみると黄土色にしかみえないまわりの色が、

じつは反射して光る金色だということはやっぱり実物を見ないとわかりませんね。

1月1日21
イスたち

その他の階には建築や工業製品のすぐれたデザインのものを展示してあったりします。

絵画や彫刻ではない、こういう一般的なデザインに対して、

それを残して展示する姿勢がMOMAのいいところの一つですね。

1月1日22
ベスパ

ベスパが展示されてるw

1月1日23
ピクサー企画展

地下ではCGアニメーション作品で有名なピクサーの企画展が行われていました。

撮影禁止なので写真はありませんが、なかなか充実していましたよ。

とにかくNYにきたらMOMAに足を運ぶことをおすすめします。

●グッケンハイム美術館

時間があったので、地下鉄を乗り継いで、

グッケンハイム美術館へ行くことにしました。

この美術館は絵画の撮影禁止ですので写真はありません。

内容的には企画展の「RUSSIA!」が良かったですね。

館内はイコン画から始まって王朝絵画、、ロシア絵画一色でした。

通常展示もカンディンスキーやゴッホ、シャガールなどがあります。

1月1日24
入り口

1月1日25
天井

ただし、この美術館は建築家フランクロイドライトの代表作であるのですが、

個人的は美術館としてどうか、と実際行って感じました。

MOMAの後に行ったからかもしれませんが、一番大きな点は「天井が低い」ことです。

これは絵を見るときに相当な影響を与えて迫力を弱めてしまう気がしました。

MOMAは天井が高く、余白が大きいので、視界にその絵しか入らないためかと思います。

●ニューヨークシティパス

1月1日26
ニューヨークシティパス

MOMAで買ったニューヨークシティーパス($54)ですが、

以下の場所に入れるチケットの束で、

すべてに行くと半額のバリューがあります。

MOMA

イントレピッドミュージアム

グッケンハイムミュージアム

アメリカ自然史博物館

エンパイヤステートビル

サークルラインクルーズ

このうちの4つか3つに行けば元がとれます。

また、持っていればチケットを買う列に並ばなくていいので時間も短縮できます。

●タクシー

グッケンハイムからは疲れていたので、タクシーでホテルに戻りました。

1月1日27
タクシー

ホテルに戻って、ベルのオジさんから荷物を返してもらうついでに運んでもらい部屋へ。

しばらく昼寝(夕寝?)をしました。

●タイムズスクエアの夜

夜にちょっと散歩です。

1月1日28
パフィー

1月1日29
タイムズスクエア

●ポンスリ・タイレストラン(夕食)

夕食は歩いてすぐの評判のいいタイ料理屋でにしました。

トムカーガイ(スープ)とパッタイを食べましたが

これについては別にレポートします。

1月1日30
ポンスリ・タイレストラン

●ホテル

ホテルはHamptonInnManhattanTimesSquareNorthです。

私にアサインされたのは1002号室、角部屋で広く(20畳ぐらいある)、

1泊134ドルで朝食付きインターネット無料、フロントもベルも対応はいいし、タイムズスクエア至近。

言うことなし。

これについても別にレポートします。

1月1日31
ホテル部屋

1/3NYにてUP

■次■→[NY紀行]1/2 Manhattan散歩

■前■←[NY紀行]12/31 カウントダウン