Fly With The Wind

アメリカン航空2ミリオンマイラーが適当にポストする気まぐれブログ。

RIMOWA and TUMI

最近ヨーロッパに行くようになって、ひとつ問題が出てきた。

それは、エコノミークラスの預託荷物の重量制限。

北米線や米国国内は1つ23kgの荷物を2個までというのが一般的だが、

これは北米だけの特例のようで、一般的には個数に関わらずトータル20kgまでらしい。

私はここ数年はソフトケースを使っているが、それでもカバン自体の重量が5-7kgもあって、前回のスイス旅行は、昔使っていた小さいソフトケースを引っ張り出して、さらに荷物を減らした。

それでも、帰りになると土産などが増えるので、厳しかったり。

そこで、軽くて丈夫なスーツケースの最高峰?

RIMOWAに目をつけていたのだが、この度、とうとう購入してしまった。

はじめは、安いサルサシリーズにしようかと思ってネットショップを回っていたが、

たまたま、近くのコストコ(COSTCO)で並行輸入のタンゴライト6581が42980円と激安だったので、衝動買い。

通常、5万円~6万円台なので、これはサルサ並みの値段。

ためしに、空の状態で体重計に乗せてみたら4.0kg! 軽い。

ウチにあるスーツケースはどれもこれより小さいが、一番容量の多いこれが一番軽い。

RIMOWA TANGO LIGHT 6581(830.63)

4輪で取り回しやすい。音も静か。

RIMOWA TANGO LIGHT 6581(830.63)

TSAロック対応で北米でも安心?

RIMOWA TANGO LIGHT 6581(830.63)

サルサシリーズとこのあたりの造作が違う。こちらのほうがちょっと造りが良い

RIMOWA TANGO LIGHT 6581(830.63)

中は141104シンプル。

TUMI 26141

こちらは前回、台北桃園空港のTUMIショップで衝動買いした、TUMI26141 D4

どこかの雑誌でベストビジネスバックに選ばれた?機能性抜群のコンピューターブリーフ。

今、日本では安くても5万円。台北では43000円ぐらいで購入。

TUMI26141 + RIMOWA TANGO LIGHT 6581(830.63)

実用コンピュータブリーフの最高峰?と実用軽量スーツケースの最高峰?

行き着くところに行き着いた感じ。

次回の旅行から活躍の予定。