Fly With The Wind

アメリカン航空2ミリオンマイラーが適当にポストする気まぐれブログ。

肉骨茶

シンガポール2日目午前。

フレグランスホテル

宿泊したのは、JooChiatRdにあるフレグランスというホテル。

一泊6000円の宿だが、本当に寝るだけのホテル。ベットもマットがビニール製。自分の部屋窓なし。これで6000円では東横インのほうがはるかに、まし。

ただし、「最高級クラスのホテル」については日本に比べて安いと思う。

高級ホテルのホスタピリティーは世界でも群を抜いているのだとか。

なので「シンガポールではホテル代をケチらないほうがいい」ということは、この後身をもって経験する。

「不純な理由」により、毎日ホテルを引っ越すので、とりあえずチェックアウトぎりぎりまで街を散策することに。

ペラナカン風住宅

まずはペラナカンの住宅街の写真など撮影。

そのあと朝食として24時間営業のバクテー(肉骨茶)屋へ。

潮州料理の一種らしいが、シンガポールではメジャーな食べ物、その昔労働者の朝食だったとか、名前が物々しいが、要は豚のリブの煮物。

新興瓦保肉骨茶

新興瓦保肉骨茶

(保の部分は「保」の下に「火」という字)

新興瓦保肉骨茶

肉骨茶(小) S$6

スープの味が店によって様々だそうで、ネットによると、この店のものは「マレー系で、スパイスが効いている」タイプだという話。

自分が食べたときには言うほどスパイスが効いているでもなく、よいダシの出た醤油スープという感じだった。肉もスープも癖がなく、なかなかいけた。

カトンプラザ

カトンプラザ

その後、カトンプラザにあるマリンパレードラクサに行っては見たものの、仕込み中ということで断られてしまい、断念。

スリ・センパガ・ヴィナヤガー寺院

スリ・センパガ・ヴィナヤガー寺院

ヒンズー教の寺など見ながら。住宅街を歩きホテルへ戻る。

北京五輪

テレビを見ていたら、北島選手の200m決勝がライブでやっていたり。

11時過ぎごろ、ホテル前でタクシーを捕まえて、サンテックシティーにあるコンラッド・センテニアルへ移動。