Fly With The Wind

アメリカン航空2ミリオンマイラーが適当にポストする気まぐれブログ。

マッコイ師匠 来日

完全にぬかった・・・・。

東京青山のブルーノートに2008/9/8(月)-11(木)の日程で、

マッコイ・タイナー師匠がやってくる。

再来週じゃん!

ということを今日知った・・・・

いつも師匠のツアースケジュールは、公式サイトで確認しているのだが、

そこには以下のようにあった。

(リンク)http://www.mccoytyner.com/

8/9/08 Chapiteau Marciac, France

9/4/08 City Hall Theater Wanchai, Hong Kong, China

9/5/08 National Concert Hall Taipai, Taiwan

10/3/08 Schermerhorn Symphony Center Nashville, TN

「アジア回るのに日本には来ないのね」なんて思っていた、のんきな自分に反省。

日本にも来るって書いて・・・・・・

ただ、事後じゃなくて良かった・・・。事後だったら発狂ものw

メンバーはここ数年、変わらず、

ジェラルド・キャノン(b)、エリック・カマウ・グラヴァット(ds)ということで、確かに去年聞いたときも、この組み合わせだった気がする。

当方トリオ好きなので問題なし。

強いて言えば、ベースがクリスチャン・マクブライドやチャーネット・モフェットだったらいいなー、というぐらいかな。

今回はクリスチャン・スコット(tp)がゲストらしい。

スケジュールを見る限りかなり過密、齢70を超えてしまい、数年前にげっそりとやせて、足も悪くなりつつある師匠なので、今後どこまでツアーを続けられるか。

今回は「平日しか」ライブがないのが痛いが、

自分にとっては最優先事項

なので、午後休でもして、馳せ参じるべく、

9/9(火)の両ステージを予約中。

■おすすめの一枚

↑2006年大晦日公演のライブCD。師匠のCDでは最も新しいものの一つ(2008/08現在)

私も何度行ったかわからない、SFベイエリアのオークランドにあるジャズハウス「ヨシズ」でのライブ録音。

2001年から毎年2月に「ヨシズ」で行われていた師匠のライブにアメリカまで通っていたのだが、この年だけ、いつもと違う時期になってしまい「とても行きたかった」のだが、先にパリ旅行を予約してしまった為、聞きに行けなかった時の録音。。。。

ここ数年の、師匠の録音では、最も録音の質と演奏の質が非常に良く、ライブで聞くのと遜色ない素晴らしい出来。

録音エンジニアの腕が素晴らしい。

1曲目WalkSprit,TalkSprit、2曲目MellowMinorの出だしなんかは、師匠の目の前で聞くライブそのもの。

「大音量」で聞いてほしい一枚。

JAZZはスピード。スピードを味わうには大音量。これ大事。