Fly With The Wind

アメリカン航空2ミリオンマイラーが適当にポストする気まぐれブログ。

2008年AAdvantageまとめ

今年は、春に起きたFAAのMD-80に対するインスペクションのお詫びのおかげで、エグゼクティブプラチナになれたり、米国経由の欧州を2度体験したりと、飛行機に長く乗る機会が多かった年でした。

 

アメリカン航空以外にも今年はJAL,TUI-Flyなんかにも乗ってますが、今年のアメリカン航空での実績は下の通り。

 

2008AAsummary

 

トータル97万5千マイル。あと2万5千でようやくミリオン

 

年明け早々に米国経由でハンガリー、NY行きが控えているので、これで達成する予定です。

 

今回は10年近く乗り続けているAAのいいところ悪いところを適当に羅列してみようかと。

あくまで個人の感想です。

(2008年末時点)

 

アメリカン航空(AAdvantage)のポジティブなところ

 

・航空券が比較的安い。

・ミリオン達成の実績が実航マイルではない。

 (ぶっちゃけ陸マイルでもミリオンになれる・・・・・

  普通のクレジットカードの場合1億円使わないとなれないよw)

・ミリオン達成すると、一生ゴールド[ワンワールド・ルビー]

 (UAで言うところのプレミア[スターアライアンス シルバー])

・ダブルミリオンで一生プラチナ[ワンワールド・サファイア]

 (UAのミリオン達成と同等、プレミアエグゼクティブ[スターアライアンス ゴールド])

・システムワイドアップグレードが、殆どの運賃で使える。

・あまり言いたくないが、実はJAL特典が非常に取り易い

 (今のところ、JALマイレージバンクの特典予約ページで出る空席はAAdvantageの空席でもある)

・特典航空券にサーチャージが必要ない(もうすぐ意味がなくなるけれど)

・成田でJALのラウンジが使える。(成田のANAやUAのラウンジはイマイチ・・)

・アメリカ国内のラウンジの質が良い。ほぼシャワー完備。

・格安航空券でも100パーセント加算。

・米国系航空会社にしては乗員の質がいいほう。

・777のエコノミーの座席(米系にしては)

・140回のフライトで一度もバゲージロストや遅延が無かった。

・ビジネスクラスの和食(米系にしては)

・日本人が他の米系に比べて少ない。

など。

 

アメリカン航空(AAdvantage)の個人的にネガティブなところ

 

・サンフランシスコベイエリアへの直行便が無い。

 サンノゼ便があった時は良かった;;

  どうでもいいですが、AA129サンノゼ~成田ラストフライトに乗りました。

・ワンワールド加盟航空会社からの加算が悪い。(乗らないけど)

・ワンワールド加盟、提携航空会社がUAやスタアラに比べて劣る。

 欧州へ行く場合、選択肢がマイル加算と上級会員ボーナスを考えると、Finnairしかない。

 BAはエコノミークラスでは、まったく溜まらないといっていい。

 特典でも、欧州域内で苦労する。ロンドンかヘルシンキをハブにしないとならない。

 マドリッドもあるが、日本からのアクセスがないのであまり意味がない。

 結局のところ、米国経由でAA使ったほうが特をすることが多い。

・アメリカン利用以外の上級会員ボーナス制限の厳しさ。

・UAのP.S.等に比べ、米国内線ファーストクラスがいまいち(772ER、763ER運航便除く)

 →ただ、何かのアワードで米国国内線ファーストクラスNo1に選ばれたとか・・

・UAの完全フルフラットビジネスクラスに負ける点。(当面挽回のしようがない。)

・アメリカン航空自体に以遠権が無く、自社運航の場合アジアに弱い。というかアジア無理。

 (JALとキャセイの加算ルールが非常に厳しい)

・エコノミーの機内食。特に朝飯。

・ビジネスクラスの洋食。

・クレジットカードの加算率が普通のものしかない(10マイル/1000円)

 (UAだとセゾンで15マイル/1000円、ただしダイナースプラチナを除く)

など。

 

マイル的にはワンワールドの欠点を補えるように、カード利用では、UAに溜め込んでいて、今のところ15万マイル程度。ワンワールドの特典では、無理な旅行をする時に使ってます。

 

赤字に戻ってしまった、来年はいったいどうなることやら。