Fly With The Wind

アメリカン航空2ミリオンマイラーが適当にポストする気まぐれブログ。

サー・ゲオルグ・ショルティー墓参

ブダペストでの目的の一つである「サー・ゲオルグ・ショルティー」の墓参を果たす為、少し早めに起きてホテルを出発しました。

クラッシックの世界を本格的に知るきっかけになったのが指揮者「サー・ゲオルグ・ショルティー」の演奏です。

今でも一番尊敬する指揮者です。

発端の詳しいことは下記を。

(元記事リンク)ショルティ墓参とイェフィムブロンフマンatメトロポリタン美術館

ホテルから16番系統(16,16A,116どれでも)でモスクワ広場へ出て、そこから59番のトラムに乗り、15分ほどで着く「ファルカシュレーティ墓地」(Farkasréti temető)で下車します。

▼モスクワ広場

Moszkva ter

一番左に写っているホーム、ここに61番と59番がやってきます。

方向を間違えないように、南駅方向だと正解。

(間違ったら終点で降りなければいいだけですが。)

▼トラム59番

Tram No59

ひとつ前の駅でファルカシュレーティ墓地の壁と墓が見えてくるので、それを過ぎて次の駅です。

▼ファルカシュレーティ墓地


大きな地図で見る

▼ファルカシュレーティ墓地(Farkasréti temető)入口

Farkasréti temető

入り口付近には花屋がたくさんあるので、ここで献花用に買うこともできます。

私の場合朝早すぎたのか、店員が出てこず買えなかったのですが。。

▼ファルカシュレーティ墓地入口入ったところ

Farkasréti temető

ショルティー卿の墓は矢印の方向です。(60/1番地)

▼その路地を進む

Farkasréti temető

路地を進むこと1分程度で、左手に・・・

ああ、とうとうここまでやってきた。。。

▼サー・ゲオルグ・ショルティーの墓

サー・ゲオルグ・ショルティーの墓

サー・ゲオルグ・ショルティーの墓

何も言うことは無いです。ここで黙祷をしました。

生前の生演奏を一度聴きに行け無かったことが本当に心残りです。

ハンガリー名 Solti György(ショルティ ジョルジ)

ファルカシュレーティ墓地 60/1番地

Farkasréti temető 60/1-főút-8

Hazatértとは直訳すると「家に帰ってくる」と言う意味らしく、

「故郷に戻ってきた」、「ここに眠る」と言った感じでしょうか。

▼サーゲオルグショルティーの墓の前から入り口方向

Farkasréti temető

入り口にあった建物が右に見えてますね。

ちなみにショルティ卿の墓の隣には、バルトークの墓があります。

これは、ショルティー卿がもともとニューヨークに埋葬されていた、バルトークを1988年に移送しここへ埋葬したとのこと。

その約10年後、自身もここへ埋葬されたのです。

▼バルトークの墓

バルトークの墓

今回は行きませんでしたが、ここにはコダーイの墓もあります。