Fly With The Wind

アメリカン航空2ミリオンマイラーが適当にポストする気まぐれブログ。

フォッカー70(ブダペスト~チューリヒ)

ホテルを午前5時ぐらいに出て、フェリヘジ空港へ。

タックスフリー用の税関スタンプをもらうのに苦労。

今日は、マレブハンガリー航空が、最近導入したDHC-8-Q400(プロペラ機)に乗るのを楽しみにしていたのですが・・・・

▼ブダペストフェリヘジ空港2Bターミナル マレブカウンター

マレブカウンター

ワンワールドエメラルドなので並んでも大丈夫かな?と思いつつ。結果的にはOK。

▼バスで駐機場に

三位一体の塔頂部

小さい飛行機(72人乗り)なのでバスで移動。。

窓からは一向にQ400の姿が見えない。。。

と思ったら機材変更で、フォッカー70になっていました!!

▼フォッカー70

三位一体の塔頂部

これはこれでレア。今全世界でこれに乗れるのは非常に珍しいのでは。

総生産機数がたったの48機!!

Q400なんていつでも乗れるし、あの飛行機危ないし(おい)

Fokker F70 HA-LMC (cn11569) 1996年製造

▼フォッカー70後方

三位一体の塔頂部

エンジンはロールスロイスのTay620-15。

昔アメリカン航空がこれの延長型フォッカー100をたくさん持っていたけれど、今は全機退役。

▼IATAのロゴ

三位一体の塔頂部

IATAのロゴつけている飛行機なんていまどき無いのでは?!

▼ビジネスクラス

三位一体の塔頂部

フォッカー70の前方3列は大きい座席になっていますが、

この日は全席エコノミー運行なので、おそらく上級会員へのサービス?なのかなと。

ちなみにQ400は全席エコノミーなのでなんだか得した感じです。

▼特徴的な窓

三位一体の塔頂部

フォッカー機の特徴的な窓の形。

同じ辺りに座ったときのMD-80系と比べると断然静かで、いい飛行機でした。