Fly With The Wind

アメリカン航空2ミリオンマイラーが適当にポストする気まぐれブログ。

イェフィムブロンフマンatメトロポリタン美術館

この日は「夜のメトロポリタン美術館」で室内楽のコンサート。

発端の詳しいことは下記を。

(元記事リンク)ショルティ墓参とイェフィムブロンフマンatメトロポリタン美術館

行く前に腹ごしらえと思ってNY一の屋台と名高い「チキンオーバーライス」屋に行ったら、まだ開店前でした。

それでも、もう行列が・・・・あきらめてタクシー捕まえ、メトロポリタン美術館へ行きました。

▼ヒルトン前のチキンオーバーライス屋

6thAveand53thSt

コンサートは、メトロポリタン美術館の古代エジプトコーナーの奥にある

「TheGrace Rainey Rogers Auditorium」

で行われます。

ここの待合室は、古代エジプトのコーナーですから棺桶とか、古代エジプトの絵画とかある場所で、まさに「みんなの歌」の「夜のメトロポリタン美術館」(本物)という感じですw。

演奏される予定の楽曲は、下記のはずでしたが

・モーツァルト ピアノ、クラリネットとヴィオラのための三重奏曲 変ホ長調 K.498

・ドホナーニ 弦楽セレナーデ(トリオ)

・シューマン ピアノ五重奏曲変ホ長調 op.44

▼▼下記に変更されてました。

・シューマン 幻想小曲集(ピアノ、クラリネット) op.73

・ドホナーニ 弦楽セレナーデ(トリオ)

・シューマン ピアノ五重奏曲変ホ長調 op.44

席はピアノ側の最前列を取っていたので、ブロンフマンの表情もピアノの演奏スタイルも全てよく見え、たまらない2時間でした。この人はいい音を出します。

ストリングスは全てニューヨークフィルの女性陣で華やかでした。

特にシューマンのop.44はリヒテルのそれを凌ぐ感じで素晴らしかった。

CDにして欲しいぐらい。(録音はしていませんでした。)

▼チケットとプログラム

ticket

入り口は通常の場所ではなく、このホール専用の入り口でした。

▼メトロポリタン美術館

メトロポリタン美術館

▼メトロポリタン美術館コンサートホール入口拡大

メトロポリタン美術館

イェフィム(ヤーフィム)・ブロンフマンはよく来日もするので、今度行ってみようかなと。