Fly With The Wind

アメリカン航空2ミリオンマイラーが適当にポストする気まぐれブログ。

靴。

たまには「旅行以外のネタを」ということで、靴シリーズを始めようかなと。

メンズEXとか言う雑誌がありますが、これ、ふだん買うことは絶対にないのだけれど、今回は全面的に靴特集やっていて、思わず買ってしまったので、こちらでも特集しますw

10年くらい前はRedwingに惚れ込んで一筋でしたが、最近は普通のいわゆる紳士靴を買ったりしてます。

とりあえず今日はざっと。

shoes

◇上列左奥から◇

REDWING 「8136」 (アメリカ)

かれこれ十年履いてます。

ビブラムラグソールさすがに革の経年変化が出始めていますが、

まだメンテしだいで数年は持つでしょうね。

AllenEdmonds 「ParkAvenue」  (アメリカ)

いわずと知れた?大統領靴。

(本当かどうかはさておき、大統領が就任式だか初登庁時に履く靴だとか)

シングル革底。

これ履いて本当にニューヨークのパークアベニューを歩いてきました。

(だから何。)

Alden 「1339」 (アメリカ)

コードバンのチャッカブーツ

カラーは「8(エイト)」という名のバーガンディ

ラストはバリー。オールデンの定番。 

ダブル革底

シカゴホーウインの最高級コードバン使用靴。ぬめっとした艶がなんとも。

でも雨の日履けないコードバン。すぐ傷だらけになるコードバン。

それなりの覚悟で買ったほうがいい靴。

コルドヌリアングレーズのバーガンディーワックス塗って

ブラッシングすると、もうくらくらする位いい艶が。

Corcket&Jones 「LOWNDES」 (イギリス)

クロケ。

ハンドグレードではないほうのダブルモンク。

ハンドグレードは「セイモア」

スクエアトゥ。フレンチカーフ。

シングル革底、とても履きやすい。良い靴。

ダブルモンクはもう一足ぐらい集めたいところです。

実は、三陽山長の源太郎が欲しい・・・(後に買ってしまいました)

Clarks 「GoodWin CAP」 (イギリス・製造ベトナム)

ストレートチップのブーツ  薄めのゴム底

軽い。雨の日用。

◇下段左奥から◇

Jonston&Murphy 「LH01」 (製造リーガル・日本)

ストレートチップのブーツ シングル革底

普段履き用。私の足には一番フィットしているかも。

VASS 「AltWien」 (ハンガリー)

セミブローグ ラスト3636

なんとソールがビブラムラグソール

シングルの革ソールに貼り付けている様ですね。

まだ履き慣らしていません。。

VASS 「Budapester」 (ハンガリー)

フルブローグ ラスト3636[多分]

ダブルソール革底。チャネル仕上げ。

VASSというとウゴリーニとのコラボ靴が有名ですが、

これがわりとハウスモデルとして定番でしょう。

ブダペストスタイルの靴もなかなかの物ですよ。

某雑誌では「イモムシみたいな靴」とひどい言われようですが、

トゥの立ち上がった東、中欧ならではデザインは1足持っていて損は無いです。

正直、トゥの捨て寸ばかり長い、イタリア靴バンザイって風潮もどうかと。

VASSの職人の造ったイタリア靴は褒めている。それはそれでどうかと。

靴の専門家なら、それぞれの個性をちゃんと認めてあげて欲しいですね。

ちなみにVASSは既成靴作りにおいてノーザンプトンの名工房を上回る技術と、

クオリティーを兼ね備えていると思います。

いまのところは、ダブルソールが硬いので返りがまだ悪くじゃじゃ馬です。

慣らしに少々時間はかかりそうです。

EdwardGreeen 「Chelsea」 (イギリス)

えどぐり。

ストレートチップ ラスト202 シングルソール革底

いわずと知れた名靴中の名靴。(既製では)

ソールは若干のヘベルドウエスト、半カラス仕上げ。

造りも革も非の打ち所が無いくらい手抜きなし。

昔はもっといい革だったというからどんだけーという感じですよ。

そういえばこの靴、ソックのロゴが1世代古い物でした。最近買ったのに。

それはそれでいいのですが。

履くと土踏まずに心地いい瘤があたって、たまりません。

本格的には、まだ履き慣らしていません。

Regal 「JN42」 (リーガル・日本)

プレーントゥ モンクストラップ

革材ガラス。シングル革底。

革の浮きが目立ってきた・・まあ仕方ないでしょう。

お気に入りではありますが。