Fly With The Wind

アメリカン航空2ミリオンマイラーが適当にポストする気まぐれブログ。

AA400 DFW-JFK B757-200 NewInterior

AA400便 DFW(C2) → JFK(8-43)

UAなどが757に対して、機内設備を刷新を進める中、AAだけ20年前のスタイルを突き通していたファーストクラスのシート。

▼要するにこんなのです。

AA B757-200 oldseat

まるで70年代のアメ車のようなベンチシート風革張りシートが、新しいものに「ようやく」リニューアルし始めた、というのは聞いていましたが、まさか、今回このリニューアル機材に当たるとは。

ここまでは幸運。

基本的には777や767の新ビジネスと同じシートですが、

767-300ER→777-200ER→757-200 と実装が進むにつれ若干の進化を遂げています。

最新となる757-200のシートについては、基本777のものを踏襲しているようで、ディバイダーが固定式でした。

他にはIFE(AVOD)が最新のものになっていてモニタは若干小さいもの解像度UP、特にルートマップは最新のものになっていて、これは楽しいですよ。

ちなみに最初に新しいビジネスクラスが装備された、767は横のシートピッチが狭いため、しょぼめです。IFEも後付け感がぬぐえないです。

機材は B757-200 N185AN / 5ET (cn 32379/962)

▼3AB

AA B757-200 NewInterior

▼3AB前方

AA B757-200 NewInterior

▼シート用コンソール

AA B757-200 NewInterior

▼3A前方

AA B757-200 NewInterior

▼3B前方

AA B757-200 NewInterior

▼3AB

AA B757-200 NewInterior

▼IFE用コントローラー

AA B757-200 NewInterior

▼IFE用コントローラー 裏

AA B757-200 NewInterior

▼ウエルカムドリンク

ウエルカムドリンク

▼いつものホットミックスナッツ

ホットナッツ

▼機内食 チキンチーズパルメザン?

機内食

▼いつものホットクッキー

デザート

さて、不幸の始まりはここから。

DFW-JFKのスタンダードなルートは詳しく知りませんが、北東方向にまっすぐ進むものかと思っていました。

▼このまま直行するかとおもいきや・・・

ダイレクトルート

ところが、ダイレクトルートではなくて、ダラスからアトランタ方向へ向かってるなと思ったら、アトランタ過ぎあたりで南に進路を取るではないですか。

マイアミにでも行くのか(笑)と思っていたら、北東に旋回。

ホッとしていたのも「つかの間」、ノースキャロライナ上空で待機旋回を始め・・・・・・

▼ノースキャロライナでぐーるぐる

悲しいルートマップ

覚えているだけで最低5周、もうすでにこのとき45分は遅れていて、JFKでのMXP行きへの乗り継ぎ(1時間45分)が相当絶望的に、

到着時刻の表示も「MXP行きのゲートオープンを過ぎていて」もうだめか・・と。

ニューヨークへ着陸なのにノースキャロライナ上空で待機とは、「毎度」のことながら、ニューヨークのトラフィックはめちゃくちゃ。

日本の土地勘で言うと、羽田の管制から四国上空で待機って言われてるぐらいの距離感です。

以前、スイスのチューリヒからニューヨークに飛び立つときに

「ニューヨークの管制が混んでいるので離陸を待機します」

と言われた時には苦笑しましたが。

ニューヨークが混んでるからスイスで待機って・・ニューヨークのトラフィックどんだけかと。

そして、ようやく機内アナウンスが流れたと思ったら、これがまた何というかアメリカ的で。

「ニューヨーク上空の混雑により当便は遅れておりますが、この便だけが遅れているわけではありません、「たぶん」あなたの乗り継ぎ便も遅れてます、ですので到着後ゲートにて乗り継ぎ便のステータスをご確認ください。」

まあ確かに。。。素直に言っちゃうところが憎めない。サウスウエストなら、もう少しひねったことを言うのかなと思いつつ、こちらがCAさんに何を言ってもどうしようもないしね。

もしかしたら、この状況のままでは、乗継げなくて、夜便も多いロンドン経由に変えてもらうか、JFK泊?とか、MXPより先の宿泊の予約とか鉄道の予約とかどうしようとか、荷物どうなるんだとか、頭ぐるぐる。

飛行機もぐるぐる。

機上では考えることしかできないので、行動のプライオリティーと要求、対処の整理、今回は、連れがいるので、あまり迷惑のかからない範囲で対応しないと。

結果、AA400便は定刻より1時間近く遅れて濃霧のJFKに到着しました。

着陸後もグラウンドトラフィックが交錯していて、だいぶ待たされ、次の便の搭乗開始時刻過ぎにJFK第8ターミナルサテライト43番スポットに到着。

接続便は同じターミナルなのでファイナルボーディングには間に合うが、荷物はもしかしたら・・・とよぎるものの、次のAA198のゲートに向かうことに・・・

そしてさらなる不幸はこのあとにも。