Fly With The Wind

アメリカン航空2ミリオンマイラーが適当にポストする気まぐれブログ。

君はS7航空を知っているか

私はさっきまで知らなかった。

BMI(※)航空が、とうとうルフトハンザに完全に食べられて欧州ではもうスターアライアンス様に勝てそうにないので、以下、負け惜しみですよ。

※=ブリティッシュミッドランド航空 (肥満度じゃないですよ)

S7航空。IATAコードS7 そのまんま

シベリア航空の愛称らしいのですが、

5月に「ワンワールド・アライアンス」に加盟を発表。2010年に加盟だそうです。

名前をみるに、、シベリアのイメージが強いのですが、

今、運び屋(※)さんが、中央アジアの「なんとかスタン系」の国を回っておられるのですが、この航空会社、このあたりに強い。

(外部リンク)S7航空路線図

サイト見てビックリ。

GoogleChromeに最適化されてるし。。なんて先鋭的な。

モスクワ→オシュ(キルギスタン)なんて、マニアックな(笑)路線までもありまして。

当然ウラジオストクとか、ハバロフスクなんて言うおなじみの、日本から近場のロシア都市にもモスクワから就航。

※運び屋さん=国際クーリエで食っていると思われるすごい人。今は中央アジアで旅人中。(外部リンク)運び屋さんのブログ

てことはですよ、ここでバカな考えが

アメリカン航空が、シカゴ→モスクワ(DME)へ就航しましたが、

もしS7航空とAAが、多くの路線でコードシェアしたならば、

S7航空もDMEがモスクワの空港に相当するので、

AA便名で、成田から、ウラジオストクまで逆回りで行くことが可能に・・・

なんて、非エコな。

上は、何が楽しいのかもはやわからないですね。。。

そもそも

そもそもAAはシカゴからインド・デリー行きと言う強烈な路線があるので、

「デリー行った便で帰る」というすごいチケットが、実は割と安く発券できます。

成田-シカゴ-デリー-シカゴ-成田で、20万しないときがあります。

2度目のシカゴまで、一気に乗ったら死にますけどね。

現実的に言うと、S7航空の使い方としては、日本からだと、Finnairと組み合わせて、モスクワ経由にすれば、ワンワールドで中央アジアに行くことが可能になりますねぇと。

ただ、この場合AAdvantageに対しては、Finnairはいいのですが、S7航空がどう言うルールなるかによりますね。

あとはアメリカ経由でロシアの都市に簡単に行けるようになりますね。サンクトペテルブルクとか。これは、BAなどでもいけるかな?

ロシア地方都市や、なんとかスタン系の都市に強くなっていいことです。

というわけで、S7航空覚えておきましょう。

1年前までマレヴ航空が中東の航空会社と思っていた私からですが。

(マレヴはハンガリーの航空会社です。ロゴがEL・ALっぽいから・・)