Fly With The Wind

アメリカン航空2ミリオンマイラーが適当にポストする気まぐれブログ。

McCOY TYNER NEW YEAR'S EVE AT YOSHI'S OAKLAND

2009.12.31 大晦日年越しライブ

2010.1.1 通常セッション 2回

 

2001年にはじめて来てからというもの、かれこれ9年。

もう何度来たかも忘れましたが、大晦日に来るのは初めてのオークランドのJAZZクラブ、Yoshi's。

 

西海岸では最大で一番有名と言ったも過言ではない、JAZZの殿堂。

最近は、サンフランシスコ市内にも支店が出来ましたね。

 

2006年の大晦日に、ここで行われたMcCoy師匠のライブだけフランスに行っていた関係で、来ることができず、かつそのライブの録音がCDになって、悔しい思いをしましたが、今回はようやくそれを晴らしに来れました。

 

McCOY TYNER NEW YEAR'S EVE AT YOSHI'S OAKLAND

 

入口でポスター配っていたので、帰国後額装しました。

 

 

McCOY TYNER NEW YEAR'S EVE AT YOSHI'S OAKLAND

 普通のセッションと大晦日のライブの違いは、

 

・値段が高い(通常$35→$100)

・2セッション分の演奏。(休憩が50分ぐらいある(笑))

・カウントダウン時のスパークリングワインサービス(車なので飲めない・・・)

・Tシャツ($25相当)をくれる。

 

ということで、2セッション分で$70+Tシャツ+シャンパンで、妥当な値段かもしれません。

 

そんなことよりも、師匠とカウントダウンできるわけで、それはお金じゃないですね。

師匠の弾く「蛍の光(Auld Lang Syne)」を聞けたのは大きい。

 

McCOY TYNER NEW YEAR'S EVE AT YOSHI'S OAKLAND

 ライブ自体は、マニアックになり過ぎるのでコメントはしませんが、メンバーのうち、ベースの若手「エスペランザ・スパルディング」は素晴らしかった。

女性ベーシストであそこまでしっかりした音が出せるのは凄い。

 

ラヴィ・コルトレーンは相変わらず下手・・・。

親父(ジョン・コルトレーン)が神様すぎて彼も大変だろうなあ・・・。 

 

McCOY TYNER NEW YEAR'S EVE AT YOSHI'S OAKLAND

 1月1日は通常のライブへ行きました。この時は、セカンドセッションでピアノの背後を取ることが出来て、最後の最後でかぶりつき。

  

McCOY TYNER NEW YEAR'S EVE AT YOSHI'S OAKLAND

 貰った記念Tシャツ。これは着れない・・・・。

 

幸せな2日間でした。

ちなみに、1/1の昼間はホテルでダラダラしてて何もしてません。

シリコンバレーで過ごす寝正月。贅沢。

 

■関連リンク

McCoy Tyner師匠ライブ日程

 

予告 JAL SUITEでシカゴ経由サンノゼ

 

McCoy Tyner ライブ@Lifetime(静岡)

 

 

▼2006年、晦日と大晦日 Yoshisでの録音盤(個人的にお勧め)