Fly With The Wind

アメリカン航空2ミリオンマイラーが適当にポストする気まぐれブログ。

EuroStar Italia AV 9509 "FrecciaRossa" Milano-Firenze (イタリア)

2010.5.1 EuroStarItalia AltaVelocità 9509  "FrecciaRossa" ミラノ-フィレンツェ

ETR500 (第2世代)

飛行機も好きだが、2006年にヨーロッパの鉄道に初めて乗ってからと言うもの、すっかりファンに成ってしまい、専ら利用するときは1等に乗るぐらいに。

差というのは、列車の内装だったり快適性、食堂車だったり。値段だったり。

国際列車なんていう日本では絶対に体験できないのもある。

もちろん日本は時間に正確なのは比類ないが(ただスイスは同じくらい正確)、なんだか「正確に早く運べば、まあそれでいいでしょ」と言う感じがどうも。

EuroStarItalia AltaVelocità 9509  "FrecciaRossa"

(ユーロスターイタリア アルタベロチター 9509号 フレッチャロッサ)

なんていう、もともと「ユーロスターイタリア」だけだったのに、いつの間にかオプションがつきまくって長ったらしい名前になってしまった、イタリアが誇る最高速鉄道。

直訳すると 「ヨーロッパの星イタリア、高速度 9505号 "赤い矢"」

イギリスとフランスを結んでいる「ユーロスター」と揉めて、結局「ユーロスターイタリア」と正式に呼称することで解決したものの、イタリア国内では専ら「ES*」とか表示されてItaliaはどっかに行っていたりする。

「AV」はフィレンツェ~ナポリの高速新線ができたときあたりに付いた呼称。

「赤い矢」は、ボローニャ~ミラノの高速新線ができ、列車が真っ赤になってリニューアルした際、ついた呼称。

ミラノ-ボローニャの高速新線が開通したおかげで、この区間では300km/hを出す。

うんちくはいいですね。はい、すいません。

ミラノ駅

ES Italia AV 9509

無駄にでかい外観の駅。ムッソリーニが威厳を持たせたかったとかなんとか。

ローマ~ミラノ €39

ES Italia AV 9509

赤い矢に乗ろう。的な。

ES* AltaVelocità 9509  "FrecciaRossa"

ES Italia AV 9509

まあカッコいい列車だこと。さすがデザインの国。

電気機関車が前後につくタイプで、乗客が乗る部分はすべて客車。

ES* AltaVelocità FrecciaRossa 客車

ES Italia AV 9509

個人的には先頭車よりこの側面のデザインのカッコいいこと。惚れ惚れする。

ちなみに?側面の番号は1号車じゃなくて1等車の表示。

ヨーロッパの鉄道はだいたいこういう表示。

ES* AltaVelocità FrecciaRossa 1等車車内

ES Italia AV 9509

標準的な1等車車内。

ES* AltaVelocità FrecciaRossa 1等車車内

ES Italia AV 9509

座席は電動リクライニング、ゴミ箱、電源、読書灯付き。サンシェードも電動。

非常にゆったりしていて荷物も自席の周りに結構なスペースがあるので置ける。

300km/h

ES Italia AV 9509

GPSレシーバがあったので、速度測ってみたところ、ちゃんと300km/hを出していたのを確認できた。

全くどうでもいい話をすると、イタリアの車両だとGPSの電波を受けられるのだけれど、スイスの車両だと通さない不思議。

ボローニャ

ES Italia AV 9509

ボローニャハムとか、ボロネーゼのボローニャ。ここからフィレンツェまでは山の中を行く感じ。

1等車サービス

ES Italia AV 9509

ESAVの1等車に乗ると、スナックとドリンクの無料サービスがあって、エスプレッソとかが飲めてしまう。しかも、カップやら、お手拭きやらはFrecciaRossa仕様。

ETR500(第2世代)

ES Italia AV 9509

FrecciaRossa仕様のETR500。フィレンツェにて。

電気「機関車」とは思えない美しさ。

フィレンツェ・サンタマリア・ノヴェッラ駅

ES Italia AV 9509

ミラノから約2時間半で到着。

1等のお値段はMENO30という割引で、ひとり€47。

JRには決して真似のできない価格。

※この旅行中「ローマにてスリに遭い」コンパクトカメラを盗まれたので、同行の方の写真を借用。よって、車内などの細かい写真がなく、サッパリしていてすいません。