Fly With The Wind

アメリカン航空2ミリオンマイラーが適当にポストする気まぐれブログ。

【OWRTW世界一周】9・「AA5820(JL006) NRT-JFK B777-300ER BusinessClass 13K」前半・シェルフラットネオで読む「地球の歩き方ー香港」

2011-4-24更新

1ヶ月世界一周・第1日目 その2

 

NRT-JFK-(LIM)-SCL-IPC-SCL-EZE-(ASU)-EZE-JFK-SFO-ORD-ANM-VIE-MAD-VCE-LHR-HKG-SIN-NRT

 

JAL Boeing 777-246ER JA707J / 707 (cn 32894/475)

世界一周一日目

これは乗った飛行機ではないですが、ワンワールド三昧の世界一周ですんで、ワンワールド特別塗装機は見つけ次第、写真で捕獲。

 

1便目、ニューヨークへ

 

JAL Boeing777-346ER JA743J / 743 (cn 36130/821)

世界一周一日目

一年前(2009年10月)に就航したばかりの新車。

8ヶ月前この機体のファーストクラスでシカゴから帰っていたりします。

 

シートコンフィグはW82。

今回はこの時点での最新ビジネスクラス「シェルフラットネオ」に搭乗

世界一周一日目

ここに帰ってくるのは、一ヶ月後。オレンジのオジサンは何を見ているのか・・。

 

世界一周一日目

Bコンパートメントの一番後 13K。窓から見えるアメリカン様を拝みます。

翼の状態をよく見ておいてね。。。

 

世界一周一日目

クライム中の翼。こんなに曲がるんですよ。ぐにゃりと。

 

世界一周一日目

このへんは前のシェルフラットと変わりません。

ここ数年、ビジネスクラスにも「フルフラット化」の波が押し寄せてきましたが、新造機においてJALさんはどうしてフルフラットを採用しなかったのでしょうね。

 

おそらく「開発導入コスト」と「面積あたりの収入」、だろうなーとは思うのですが、日本就航会社でざっと見ただけでも、キャセイ、全日空、デルタ、コンチネンタル、ユナイテッド、シンガポール、ブリティッシュエア、カンタス、フィンエア・・皆さん導入を始めています。

フルフラットが全てではないですが、選ばれる航空会社になるのは大変なことです。

 

アメリカンもフルフラット化を進めてほしいな・・。

 

世界一周一日目

シートのデザインは流石シェルフラットのバージョンアップ版というだけあって、機能美とインテリアとしての美しさを兼ね備えた感じです。

モニターも大きく。収納もそれにりにありますね。ただ、やはりライフラットなので、前方においた荷物を足置きが潰してしまうのでいただけない。

 

世界一周一日目

日本の会社らしく。パナソニックさん?のノイズキャンセリングヘッドホン装備。

専用の収納が付いているのは良いですね。

 

いつも、カナル型イヤホンを持ち込んでいるので特に使いませんでしたが。

とか言いながら、アメリカンに乗ると配られるボーズのノイズキャンセリングヘッドホンは使ってたりしますが・・。

 

世界一周一日目

 

流石、バージョンアップ版。メガネとか、ミュージックプレイヤーとか置くための「へこみ」

こういう細かいところの配慮は素晴らしいですね。

 

世界一周一日目

それと、これも良いです。

リクライニングや就寝モードにしたときにコントローラーが遠くて、

「一歩間違うとつったり、筋やったりしそう」な時って、よくあるんですが、腕の上、シート上の方に「起こすボタン」と「ストップボタン」を別に配置してくれているので、そういうこともなくなります。素晴らしい。

 

世界一周一日目

GE90君がバリバリ働いて巡航高度に押し上げてます。直径115インチの巨大エンジン。

 

世界一周一日目

Bコンパートはすべてビジネスクラスです。

 

世界一周一日目

足元に見えるのが枕とカーディガン

JALのビジネスクラスは「SEASONSロゴ入りカーディガン」を長距離便の場合貸してくれるようです。洗って再利用するんでしょうかね。

 

機内食

世界一周一日目

ニューヨークに行く飛行機に乗っているのに「香港」のガイドブックを読む新しい遊びです。

 

なにしろ、計画する時間が無かったので、香港は行くことにしたものの、過去一度も行ったことがなく、この時点では、宿や、当地でなにするかも全くの白紙。ということで成田でガイドブックを購入しました。

 

隣に座っていた初老の男性(日本人)は、なんでコイツこんなのを読んでいるのかと思ったに違いない。

 

世界一周なのですよ。ええ。

 

世界一周一日目

ワインの品揃えは、そこそこ、少しマニアック。アメリカンよりはまし。泡はピペかドラモット。

 

世界一周一日目

ヒウチ鯛といわれても想像がつきません・・結局は和食にしました。

 

世界一周一日目

ハモにするか、ホホ肉の煮込みするか・・

 

世界一周一日目

ビジネスクラスでもアラカルトの多さはさすが日系。頑張れ米系、特にアメリカン。

 

世界一周一日目

定食というか到着前の食事。

でもアラカルトの一種なので、いつでも持ってきてくれると思います。

 

世界一周一日目

もっと目立つところにかかな・・。

 

世界一周一日目

和食を頼んでもアミューズは出てきます。

 

世界一周一日目

メニューにはそれが何であるかの記載がなく、たんにアミューズブーシュだったので、見た目で判断してください。

 

世界一周一日目

アミューズの後に何故かおつまみ。

 

世界一周一日目

小鉢群。これだけ品数があって、前菜扱いですから、なかなか良いかもしれません。

 

世界一周一日目

左上・蛸と小芋の柔か煮 蛸の子寄せ

左下・ニシン茄子

右上・胡麻豆腐 胡瓜のピューレ添え

右下・ハモ棒寿司

 

写真で見る限りわさびにしか見えない胡瓜のピューレ。

 

世界一周一日目

左上・海老と雲丹、旬野菜のゼリー寄せ

左下・鮪 生姜オイル風味

右上・鰻ざく

右下・冷製湯葉蒸しと雲丹、べっ甲餡

 

流石日本の航空会社。細かい。

 

世界一周一日目

メインの膳

 

世界一周一日目

牛のホホ肉煮込み、共地餡。

 

見たまんまの味わいです。パサパサしてて印象に残りませんでした。

やはり?牛のホホ肉は洋風に赤ワインでじっくりとかのほうがいいのかもしれません。

 

世界一周一日目

上空で飲む味噌汁は、それがインスタントであっても美味しいし、心が落ち着きます。

 

世界一周一日目

ご飯は炊きたて。これも日系ならでは。ごまふりかけもあるし、おしんこもあるし、おかわりと言いたくなります。

1万メートルの空の上ですが。

 

世界一周一日目

和食ですが、デザートは共通なので、とたんに洋風に引き戻されます(笑)。

ストロベリーパンナコッタ、ココナッツムースとパイナップルゼリーのヴェリーヌ、マンゴーカクテルと共に

という、ながーーい名前のデザートです。

JALのデザートは見た目もいいし、凝ってて好きです。

 

世界一周一日目

 

後半に続く!