Fly With The Wind

アメリカン航空2ミリオンマイラーが適当にポストする気まぐれブログ。

【OWRTW世界一周】その14・「LA531 JFK-(LIM)-SCL B767-300ER BusinessClass 5H」前半・ペルーはリマへ一時着陸

2011-7-12更新

1ヶ月世界一周・第1日目 その7

NRT-JFK-(LIM)-SCL-IPC-SCL-EZE-(ASU)-EZE-JFK-SFO-ORD-ANM-VIE-MAD-VCE-LHR-HKG-SIN-NRT

またも、前の更新から一ヶ月ちかくあけてしまいました・・ただ今回は身内の不幸ということでお赦しください。

2便目、ニューヨークからサンチアゴ・チリへ 前半リマまで

ニューヨークでの12時間に及ぶトランジットを終え、ようやく初の南米に出発。

チリのLANは初めて乗る航空会社。ビジネスクラスの評判がとてもよかったので、搭乗を非常に楽しみにしていまし

た。そしてその期待は裏切られることはありませんでした。

ペルーのリマを経由して12時間半ぐらいのフライト。まずはペルーのリマまで約8時間程度の空の旅です。

LAN Boeing 767-316ER CC-CDP / CDP (cn 27597/602)

世界一周一日目

LANの中長距離メインフリートと言っていいB767-300。35機近くお持ちだそうで。

世界一周一日目

サンチアゴ行きなんですが。

世界一周一日目

767だと300ERでも直行が厳しいのか、それともリマで降りたほうが需要やビジネス的に都合がいいのか、詳しいことは分かりませんが、ペルーのリマに一時着陸するんです。

そして、サンチアゴに行く人は機内で小一時間待ってもいいし、トランジットパスもらってターミナルに出ても良い仕組みです。

世界一周一日目

LANが誇るビジネスクラスシート。一見なんてことはないシートに見えますが、このシートは

「フルフラット」

になるんです。

もうそれだけで素晴らしい。写真ブレててゴメンナサイ。

世界一周一日目

フルフラットに成るゆえに非常に広いシートピッチが取られています。

シートのデザインもなかなか良く、木目をあしらったりして高級感もあります。

アメリカン航空様(AA)見習ってください。AAのB767-300ERのライフラットシートはもう既に旧世代です。古いです。

世界一周一日目

モニターも巨大。下方にはシューズロッカー付き。

メニューや機内誌の収納も位置的に見事。

AA様は、いやいいです、なんでもいいです、どうでもいいやです。

世界一周一日目

燦然と輝く「フルフラットボタン」(笑)

ちなみにこのテーブルは前方に少し傾いていて、それは巡航時に平らになるような傾き具合でgood。

フェイクでもこういう木目使うだけで高級感を感じるのに、なんでAA様は。

世界一周一日目

このくらいのシートピッチでもちゃんとフルフラットになって寝返りうてるんです。

このシート以下のビジネスクラスを持ち、ナショナルキャリアを名乗る航空会社は全員導入しなさいと言いたいぐらい。

世界一周一日目

シートの脇にヘッドホンが収納されています。

世界一周一日目

サイドテーブル下にはコントローラとUSBなど。

標準でUSB給電できるなんて素晴らしすぎます。

世界一周一日目

画面もただただ大きいだけではなくてIFE(InFlightEntertainmentSystem)もしっかり凝っています。

世界一周一日目

コントローラにもモニタ付き。

この一ヶ月ぐらい後に乗ったキャセイのコントローラーはもっと凄かったですが。

世界一周一日目

一応ノイズキャンセリングっぽいヘッドホン。

カナル型のイヤホンを持っていったので使いませんでしたが。

世界一周一日目

この機はB777を踏襲したニュールックインテリアになっていました。(特に天井)

世界一周一日目

お隣りのシートは離陸後クルーレストになっていました。

世界一周一日目

これも素晴らしいと思った点。

テーブルが「分厚い」一枚板。とても安定感があり、ちゃんとしたテーブルでした。

軽量化を追い求めすぎてビジネスでもヘナヘナなアルミ板ということが多いので。

世界一周一日目

アメニティはブルガリ。頑張ってるなあ。

アメリカ本土〜サンチアゴ並の長距離でしか配らないっぽいです。

世界一周一日目

世界一周一日目

チリといえばワイン。チリ産のワインをキッチリ積んで居ますが、チリ以外のワインの取り揃えがほとんど無かった気がします。

世界一周一日目

メニュー。なかなかしっかりしています。

表紙になっているコルクボードのような部分は着陸前に回収されてしまいます。

世界一周一日目

ウエルカムドリンク。

ナッツとレーズン。適量。

拝啓、アメリカン航空様。初めに出すナッツはこのぐらいでいいのです。AA様はいつも盛り過ぎです。

量はこれでいいのでドライフルーツを入れてください。

世界一周一日目

前菜のモッツァレラチーズチェリートマト添え、グリーンサラダ、パン、チーズとレーズン。

そうそうLAN航空のキャビンアテンダントはこの後も含めて、男女問わず素晴らしい対応と気配りでした。

ある意味失礼ですが、南米やるじゃんスゴイじゃんと結構感動。

チリのお国柄なのかもしれませんが、LANは良い航空会社だと思います。

世界一周一日目

モッツァレラさん拡大

この日の前菜のもうひとつのセレクトは、「コーンとカニのビスク」でした。

世界一周一日目

メイン・ショートリブとツィレントロ、野菜の入ったマッシュポテト

この日の他のセレクトは、ホタテのパッパルデッレ、ローストビーフサラダでした。

世界一周一日目

LANの刻印はカトラリにも。

そして我らがワンワールドのロゴ。

世界一周一日目

デザートはパッションフルーツのスフレ。

世界一周一日目

チョコレートも頂きました。

世界一周一日目

就寝の時間帯になると、掛け布団やら枕やら用意してくれます。たしかこの便は敷布団があったかも。

世界一周一日目

食事が終わって一眠り始めるのがだいたいこのくらいの場所。

世界一周一日目

ひと眠りして目が覚めたら、おお、凄いところにいる。

世界一周一日目

気がつけば、初の南半球に突入直前! 水の回転方向が変わる(笑)

世界一周一日目

着陸前の軽い食事です。

ハムとスイスチーズ、トマト、キュウリのラップとローストターキーのサンドイッチ。

奥のデザートは、オペラケーキとイチゴ。

世界一周一日目

祝・南米、南半球突入。

リマはもうすぐ。サンチアゴはまだまだ遥か先。

世界一周一日目

その頃の機内。フルフラットになっているのが分かるでしょうか。

世界一周一日目

機内パノラマビュー。

世界一周一日目

ほぼ定刻通り、ペルーはリマ国際空港に着陸しました。

機内でボーッとするのもつまらないので、トランジットパスもらって降機しました。

twitterで「リマなう」言うためだけに。あ、それとSUMAQラウンジ取材(笑)

ペルーリマ国際空港SUMAQラウンジ編に続く