Fly With The Wind

アメリカン航空2ミリオンマイラーが適当にポストする気まぐれブログ。

AA154 NRT-ORD B777-200ER FirstClass 「貴族的な遊び (日系マイレージシステムだと出来ないこと)」

2014.11.27 投稿

2011.5.2 AA154便 成田発シカゴ行

(アメリカン航空運行搭乗172便目)

  

旅の経緯とアメリカン航空(米系)マイレージシステムのいいところ

 

2011年4月のある日「飛行機でどこか遠くに行きたい!」病が発症。といって、仕事もあるし、そう簡単に休むわけにも行かず、それならゴールデンウイークで!と思うも時期的に航空券がべらぼうに高い。

それ以前に、4月半ばに思いついているため、ゴールデンウイークの空席が微妙。

 

そんな時はマイレージ特典航空券。

 

  • GWや夏休みシーズン(7月〜9月)、お盆、正月あたりは、マイレージの使いドコロ(航空券が高い、上級クラスの空き)
  • 皆が休みの時には、商用需要が減るので、マイル使いの競合は居るものの、ビジネスやファーストの空きが狙いやすい。
  • 経験では、日系のファーストやビジネスは押さえにくくても、米系は押さえやすい。

 

 さらに、「マイレージはたんまりあるが、現地であんまり金も使いたくない」と思いついたのが、このオファー。

 

「ゴールデンウイークに、行きはファーストクラスの北米往復航空券を出すので、誰か行かない?」

 

これで、周囲を練り歩いたところ、何人目かの人で釣れ(笑)即断即決してくれたため、今回の旅と相成りました。誰かと一緒に行けば、車や宿代を半分以下にできますし。

 

ここです、これ重要なんですが、

実は?アメリカン航空のマイレージシステムAAdvantageでは、

 

搭乗者の名前だけで(第三者に)特典航空券を発券できる。

 

のですよ。凄いというか、日系がケチくさいだけなんですけども。

 

これは、特典航空券だけではなくて、AAdvantage最上級会員エグゼクティブプラチナに毎年8枚割り当てられる、片道3区間アップグレード権「システムワイドアップグレード」までも、見知らぬ第三者に割り当てられるのです。

 

実はこれ以降、2014年現在まで、このパターンを何度も使っています。たまには、一人旅じゃないのもいいです。

 

当方の座右の銘のひとつ、

「マイレージの仕組みなんて、航空会社の気まぐれでルールがしょっちゅう変わるので、使える時に使っとけ」

 これによって、あまり宵越しのマイルは残さないのであります。2人を日本と欧州間のJALファーストクラスで飛ばせる28万マイルを切らない限りは、そこまでは使ってしまう感じです。 AAdvantageだけで、すでに196万マイルを消費済み。

また、

「実搭乗マイラーで毎年上級会員狙いの人は、マイルを使う旅行ではマイルが貯まらないので、自身でマイルを使う機会が限られる」

 という本末転倒な理由で、マイルだけどんどん溜まっていくのでありまして、何十万マイルも持っていると、単価がどうとか今更気にならない?

 

そんなわけで見事釣られた、同僚を連れ、当方は国外逃亡できれば何処でもよかったので、同僚の希望地である「ラスベガス」「サンフランシスコベイエリア」に行ってきました。

同僚は太平洋線ファーストは初めてで、これを「貴族的な遊び」と称しております。

以後、一度も海外に行ったことのない知人など、数名をJALのFに乗せてみたりしています。 コレが出来るのも第三者への特典航空券発券がルールとして可能なため。

 

 

久々のアメリカン航空太平洋線ファーストクラス (フラッグシップスイート)

 

第1目的地はラスベガスですが、空席の関係でシカゴ経由となりました。

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

久々に一番最初に搭乗。

 

AA B777-223ER N778AN/7AJ (cn29587/223) 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

今日は2本あるボーディングブリッジの左側から。

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

アメリカンのファーストクラス、約10年前からこのシートで特に代わり映えはしません。横は1-2-1のアブレスト。今回は、同行者が居るので、真ん中の2席にしました。

  

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

2014年現在、アメリカンのB777-200ERが、次々と改修されており、エコノミーにMCE(メインキャビンエクストラ-前後が、他よりちょっとだけ広く横が3-3-3列)を設定、またノーマルのほうは、3-4-3の10列という超タイトなアブレストの導入、ビジネスクラスがフルフラット化され、ファーストクラスは廃止。

2015年に、引き続きB772が太平洋線で活躍となると、この改装機材に置き換わると思うので、このファーストクラスも日本線から、なくなるはずですが、我々のようなエコからのシステムワイドアップグレード組からすると、ビジネスがフルフラットになるだけで十分でありがたいことです。

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

この2年後ぐらいに、ファーストクラスとビジネスクラスのサービスが一新されて、オリジナルウエアの配布であるとか、カトラリー類、このブランケット類なんかも、もう少し良い物に置き換わっていますが、この時はその前なので、いつも通り。

正直米系では、ビジネスクラスがフルフラットなら、それで十分だとは思います。日系やCXのような格差はあまりありません。

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

ウエルカムドリンク。

ジュースが置いてある部分は開くことが出来て、広いテーブルにもなります。このテーブルは椅子を90度回した時に使うものです。

このファーストクラスの座席は、座席に付いているラッチノブで回転し、「離着陸時の正面」「巡航、食事、就寝中の少し斜め(通常位置)」「窓側であれば窓側に、通路側であれば隣の座席に正対する90度回転」3段階の位置に固定することが出来ます。

この90度回せる椅子は、世界広しといえどもアメリカンのファーストだけだったはず。窓側に正対すると頬杖つきながら外が見られ、10年ぐらい前に初めて米国内線でコレに乗った時は感動しました。

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

何故か、アメリカンの太平洋戦ファーストクラスに乗ると高確率で「枝豆のフムス」が出てきます。

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

なにしろ10年前のシートなので、電源がシガーソケットの12V。変換器がなければ、普通に使えませんでした。当時はアメリカン航空の機体全体的にコレだったので、アメリカン乗るときは必須だったのです。

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

正面のメインのテーブルも相当に大きいです。

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

前菜。アメリカ人が好きそうな。

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

サラダ。この時はヴィネグレットにした気が。

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

一応、ビジネスとはグラスが違います。

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

日本発なのでビーフを。アメリカ発で良かったことがないので。

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

JALには及びませんけれども、意外に柔らかく良かったです。

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

ご飯頼んだら、出してくれました。

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

アメリカン名物アイスクリームサンデー。この辺り、ビジネスとの差はないですね。

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

フルフラットにすると、かなり大きなベットになります。パーテーションもあるのでプライベート感もあります。
このシートが発表された10年前は、相当先を行っていました。

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

IFEもビジネスと同じものです。特にモニターが大きいと言ったことはないです。エコノミーよりは大きいですが。

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

この間食も、ビジネスと変わりません。日系のようにバラエティに富んだアラカルトなんてものは、望んではいけません。

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

フルフラットでお休みになる同僚。

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

シカゴ行きなので、こんなルート。

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

二度目の食事、ビジネスクラスでよく見るパスタと鶏胸肉が・・。皿が違うかな?

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

スープがあるのが、違いました。順番逆?

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

2度目の食事でタルト? これもビジネスと違う気が。

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

アメリカンコーヒーとエビアン。巡航中はエビアンのボトルをもらえます。

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

降りる前のリフレッシュメントととして、スパークリングウオーターにライムやレモンを入れたのを出されます。

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

同行者、着陸まで窓側に移る。

この日ファーストクラスには5名ぐらいしか乗客がおらず、16名乗れるファーストクラスがガラガラでした。

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

座り心地、乗り心地はとても良いファーストクラスで、嫌いではないです。ユナイテッドの旧ファーストよりは、こちらのほうが好きかもしれません。

 

AmericanAirlines AA154 NRT-ORD FirstClass

約13時間で、シカゴ到着。第60回アメリカ入国です。

 

同行者も満足していただけたようで、なによりでした。

片道なら62500マイル、それほど大きな数字ではないですが、同じマイル数でJALのファーストに乗れたことは、あまり触れずに置こう。

そもそも2週間前で、JALのファーストクラス特典航空券2名分なんてめったに取れないですし。