Fly With The Wind

アメリカン航空2ミリオンマイラーが適当にポストする気まぐれブログ。

ラスベガス・デザートシューティングツアー

2014.12.7 投稿

 

ラスベガスで初めての射撃ならここ一択

 

 同行者が、射撃をしてみたいとのことでお願いしたのが、2014年まで3度利用させて頂いている、射撃ツアー「ラスベガスデザートシューティング」。 

ラスへガスならではないかもしれませんが、砂漠にある屋外レンジで撃て、日本語対応。銃の種類もハンドガンであればリボルバーからオートマ、果てはデザートイーグルどころか、世界最強ハンドガンSW500まであり、アサルトからスナイパーライフル、マシンガンまで取り揃えています。

 


デザートシューティングツアー | ラスベガスで屋外射撃!レンタル銃$30~コース$120~

 

LasVegasDesertShootingTour

基本料金の中にホテルまでの送迎が入っています。

この時は、シューティングサイトがボウルダーシティの方なので、行き帰りを自分の車で行けばついでにミード湖やフーバーダムにいけるので、我儘言って、ボウルダーシティ近くのカジノホテル集合にさせてもらいました。その後、レンジまで自分の車で乗り付けさせてもらいました。

 

サイトにつくと、書類への記入の後、詳しい説明「ハンドガン」→「マシンガン・散弾銃」→「ライフル系」と進みます。場合によりレンジを移動します。

 

LasVegasDesertShootingTour

事前にオーダーした銃を持ってきてくれます。弾の追加は現地でも可能です。
写真は左から、「S&W M-65(.38Spl)」「Berretta 92FS tactical(9mm)」「M1911A1(.45ACP)」「S&W M629(.44Mag)」「Ruger Super Redhawk(.44Mag)」「S&W M-66(.38Spl)」

 

LasVegasDesertShootingTour

「Berretta 92FS tactical(9mm)」「M1911A1(.45ACP)」「S&W M629(.44Mag)」「Ruger Super Redhawk(.44Mag)」「S&W M-66(.38Spl)」f

 

LasVegasDesertShootingTour

この背中が引いてしまっている体勢はダメ。前かがみぐらいが◯。

この時のインストラクターはオーナーのキャプテン中井さん本人。このツアーは人数が多くても5名程度なので、混乗になってもきになることはありません。むしろ仲良くなるといいかもです。この時は、我々2名だけだったので、専属インストラクター状態でした。

 

LasVegasDesertShootingTour

「Berretta 92FS tactical(9mm)」「M1911A1(.45ACP)」

 

LasVegasDesertShootingTour

「Ruger Super Redhawk(.44Mag)」

 

LasVegasDesertShootingTour

「M1911A1(.45ACP)」「S&W M629(.44Mag)」「Ruger Super Redhawk(.44Mag)」「S&W M-66(.38Spl)」

 

LasVegasDesertShootingTour

38口径ぐらいのリボルバーであれば初心者でも意外に当たるものです。

 

LasVegasDesertShootingTour

「S&W M-66(.38Spl)」

 

LasVegasDesertShootingTour

「Berretta 92FS tactical(9mm)」

オートマは当たりにくい。撃ってて楽しいのはリボルバーです。

 

LasVegasDesertShootingTour

リボルバーに限らず、オートマも弾込めは自分で。

 

LasVegasDesertShootingTour

実銃、実弾の反動味わうこと自体がエンタテインメント。

 

LasVegasDesertShootingTour

各レンジには車で直接乗り付けられます。

 

LasVegasDesertShootingTour

レンジを移動する場合は、オーナーの車についていきます。

 

LasVegasDesertShootingTour

こちらは、ショットガンなどを撃てるレンジ。

 

LasVegasDesertShootingTour

UZI(9×19mm)

マシンガンのウージーです。遠くに並べた陶器製の的を狙います。

 

LasVegasDesertShootingTour

Rem 870 Tactical(12GA)

ショットガンのレクチャー中。

 

LasVegasDesertShootingTour

最後にライフル用のレンジに移動します。

的が200mぐらいから900mぐらいまで点在しているのですが、よく見ないとわからないので、位置が表示されています。

 

LasVegasDesertShootingTour

5.56x45mm NATO弾

 

LasVegasDesertShootingTour

普通に見ると、どこに的があるかなんてさっぱりです。

 

LasVegasDesertShootingTour

望遠にしてやっと見えます。ヤジロベイのような奴が的で鉄板製。弾が当たるとその高い音が聞こえます。この写真だと一番遠いヤジロベイで400mぐらい。

 

LasVegasDesertShootingTour

M4 S.I.R.(5.56x45mm)

スコープで見ると数百m先の的が実によく見えます。素人でも10センチ単位の調整が可能。

 

LasVegasDesertShootingTour

外すと砂煙が標的の近くに上がり、当たると数瞬後に鉄板に当たった反響音がします。

中井さんがその判定を瞬時にしてくれ、調整量を指示してくれます。

 

その時のビデオもあります。 

この経験は野外のレンジでなければできないですね。また、ハンドガンよりもこちらのほうがエンタテインメントとしては上かもしれません。

 

風の落ち着く午前中いっぱいあれば十分堪能できますので、ラスベガスですることがない午前中は是非。


デザートシューティングツアー | ラスベガスで屋外射撃!レンタル銃$30~コース$120~