Fly With The Wind

アメリカン航空2ミリオンマイラーが適当にポストする気まぐれブログ。

Staybridge Suites San Francisco Airport [SanBruno,CA]

2014.12.12 投稿

 

Staybridge Suites San Francisco Airport

 

 当方のベイエリアでの定宿の一つ。

 アメリカの郊外型チェーンホテルの形態の一つとして、この長期滞在も可能な全室スイートタイプの「レジデンス型(勝手に命名)」があります。

 代表的なものに、ステイブリッジ(ホリデイ・イン系)、サマーフィールド(ハイアット系)、レジデンスイン(マリオット系)、ホームウッドスイーツ(ヒルトン系)他があり、リビング付きのゆったりとしたアコモデーションを提供しています。

ほとんどのブランドで朝食込みで、一部は平日の夕方に軽いミールも提供されます。

 

 自分の場合は、同行者が居る場合によく利用し、その場合は「2BDR SUITE」を利用することが多いです。

 セパレートされた2つのベットルームに、それぞれトイレ・バスが別に用意され、リビングとキッチンはそれぞれ別。ベットルームは内側から鍵がかけられるので、それぞれのプライバシーも守られます。

ベットルームは クイーンベットルーム2部屋だったり、キングとクイーンそれぞ理人部屋だったり、組み合わせは様々です。

 

 で、こういう感じなので料金が高いかというと、場合によりですが、他の同クラスのホテルのスタンダードな部屋2部屋を取るよりは、こちらのほうが安くなることが多いです。

部屋番号はひとつ、清算も一括にできるので、会社の出張などで利用すると

「2人で出張して1部屋ですよ!  会社に経費に貢献!」

と表向き威張れます。

と、そういうせこい使い方も出来ますが、リビングが共有なので、仕事で行った時に軽く打ち合わせ(飲みながら)なんかもできますから、ビジネスでも利用価値が高いと思います。人を招くのもいいですね。

 

Staybridge Suites San Francisco Airport

チェックイン時には、車をフロントのある事務所棟前に停めて鍵をもらって、部屋の位置を教えてもらってから、再度移動。

 

Staybridge Suites San Francisco Airport

車で、自分の部屋の棟近くに移動します。

 

Staybridge Suites San Francisco Airport

共有のリビングルームームです。リビングルームにあるソファーは大抵ソファーベットに変身するので、誰が近所の人が飲みに来てもベットルームを貸すこと無く放置できます。

 

Staybridge Suites San Francisco Airport

こういう感じのベットルームが2部屋あります。

奥は専用のクロークと洗面台。更に奥にトイレ・バスルーム。これもそれぞれのベットルームにあります。

 

Staybridge Suites San Francisco Airport

キッチンです。冷蔵庫、食洗機、オーブン、電子レンジ、さらには食器、調理器具まで全て揃っています。暮らせます。

 

Staybridge Suites San Francisco Airport

こちらはもう1部屋のベットルーム。

 

Staybridge Suites San Francisco Airport

リビング。ダラダラ出来ます。

 

Staybridge Suites San Francisco Airport

事務所棟には会議室なんかもありますので、合宿もできるかもです。

 

Staybridge Suites San Francisco Airport

軽い散歩も可能。

 

Staybridge Suites San Francisco Airport

中心部にはプールも有ります。

 

ここは空港にも至近、ショッピングモールもすぐ近くにありますし、美味しいご飯やさんも多いです、さらにサンフランシスコダウンタウン、シリコンバレー等へのアクセスも良いので、おすすめです。ただ、車が無いと辛いですが。